読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~艶乃呟~

ベリーダンサー艶(eN)の日常の口動(口にした事)、行動(行った事)、心動(心の動き)、未動(予定など)をつらつらと書連ねてまいります。

★ATS練習会★@東京

ATS Belly Dance Lesson 更新

どうも、艶(eN)です。

 

こちらは、ATS(アメンリカン・トライバル・スタイル)ベリーダンスの練習会(&レッスン)のお知らせページです。

 

 

-ATS®とは

America、San FranciscoにあるFatcancebellydance(FCBD).inkのディレクターである、キャロリーナネリッキオによって創始されたモダンスタイルのベリーダンスです。

アメリカに伝わったオリエンタルベリーダンス、フラメンコ、インド舞踊など、様々な踊りよりインスパイアされ、それらの動きが取り入れられています。

詳しくは→FatChanceBellyDance

 

odorico-en.hatenablog.com

 

ATS®はデュオ、トリオ、カルテット、といった複数人のグループで、基本は即興で踊られる踊りです。
この、即興の仕組み(リーダーがいて、フォロワーがいて、それをチェンジしていく様)を確立させたのはキャロリーナだと言われています。
合図や動きが決まっていて、フォーメーションをどんどん変えていったりしても、即興でグループで合わせられるのがこの踊りのすごい所。

ATS®は、ライセンスがあるので、世界共通なのです。
どこにいても、ATSやってるよ!っていう人となら、瞬間に一緒に踊れるなんて、本当にすごい事だと思います!!
またそこから派生して、ITS(Improv Tribal Style)や、いわゆるTF(トライバルフュージョン)と言われる踊りが生まれています。

ATSの魅力は、なんといっても自分以外の人と一緒に踊ってる安心感。
後ろを向けば誰かいる。
ATSは、1人でなくて誰かと創るもの。
踊ってる人達が自然な笑顔で踊るスタイルに、観てるほうも楽しくなる。
でも、踊ってる側はその何倍も本当に楽しい。

話した事もない初対面の人とだって、目だけで会話をして踊れちゃう。
意図が通じ合っても通じない時でも、楽しくて、笑えるのはなんでだろう。
パーソナルスペースを広くとる日本人が初対面の人と目で会話!(笑)

-次回練習会日時

次回、2017/3/25(土)!!19:00(18:00)~

ATSを1度でもやった事ある方ならどなたでも!

予約不要、参加できる時間だけ、ご参加ください!(途中参加、途中退場OK!!!)

 

都合つく方が3名以上いそうなら、決行です(*^_^*)
時間や場所などの詳細は下へスクロールお願いします↓↓

 

ご質問、ご要望、なんでもご連絡先はコチラ

→yoyaku_en_haflaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えてください)

または、sanivaraATSアットgmail.com(アットを@に変えてください)

 

 

-過去練習会の後記

今まで、どんな事やったのかな?
過去の練習会の風景を、後記にまとめました。
2016年からですが…。
ATS練習会後記↓

odorico-en.hatenablog.com

 

-内容詳細

今回の内容は、下へスクロールしていってくださいね!

↓↓↓

f:id:odorico_eN:20170213011246p:plain


2017/2/25(土)

時間:(18:00)19:00~21:00
場所:四ツ谷ピアーチェ ピッコロ店(お間違いなく)
地図→http://studio-piace.com/access.html#yotuya

にて、!!開催決定!!

 

※内容

・19:00~20:00の1時間はドリルをたくさん行って、動きに慣れていきましょう!

主に、Kaenationの練習会で行っているドリルをもう少し初心者向けにしたものを行っていきます!
時々、Kae先生とオンラインでグループレッスンができたらいいな、なんてのも予定中ですので、一緒に基礎力アゲアゲ(ノ゜ー゜)ノしましょう!!

・20:00~21:00の1時間は、重点的に動きをピックアップして即興で踊っていく練習、フォーメーションの練習を行って行きます。

人数がいれば、コーラスの練習なんかもできたら嬉しいです。
なんの、2人でもやりますか(笑)


※18:00~19:00の1時間は、レクチャータイムとして(プチATSレッスン)、19:00からの練習会でドリルする動きや、リクエストがあればその動き、またはその他の基礎の動きを、基本姿勢から復習していきます。
なので、リクエスト募集中です!

書いておいても忘れる「moving meditation」…忘れてたら是非言ってください…。

 

・ATSのスローの動き

基本の動きと、余裕があれば基本のターンあたりを入れてみましょう。

それらを使って、フォーメーションの練習も。

デュオ、トリオ、カルテットと、それぞれに違う表情が出せます。

デュオの練習のみをし始めてから改めて、トリオやカルテットとの違い、人数に頼らないフォーメーションでの魅せ方を考えられるようになりました。

 

・ATSのファストの動き

こちらも基本の動きを復習しつつ、フォーメーションの練習をしましょう。

ファストだ!!ってエネルギーがぐうっ!!!と上がるようなテンポにのってフォーメーションを組みたい!!のです。

動きを絞って、グループ毎に踊る練習もしたいと思います。

 

スロー、ファストともに、今回は特に、フェイスインした状態での即興に力を入れたいと思います!

 

&余裕があればそれぞれの派生毎に頭の中を整理して、踊ってみましょう。

→シミーグループ
→アラビックグループ
バンプグループ
→エジプシャングループ

そんな感じで行こうかと思ってます。


★単純に今、私が思っているだけなので、他やりたいリクエスト大募集中ですー!



-持ち物など注意点

・ジル
・レギンスやレッスンパンツなど(あれば、10~25yスカート)
・上半身は、腕や身体のラインのわかるようなもの
※髪型は、なるべくアップスタイルで、首周りの動きがはっきりわかるようにしてきていただけるとありがたいです。
・水分補給の為の水分

・ダンス用のシューズなど必要な方はご自由に! 


★ATSを1度でもやった事がある方なら誰でも!


18:00~19:00の1時間を、レクチャータイムとして(プチATSレッスン)、基本姿勢から基礎の動きを予習復習する時間として設けました。

身体作りのウォームアップに少し筋トレを追加したものと、筋肉をほぐすストレッチも合わせて入れていきます!


練習会についていけるか不安、という方や踊る前に確認しておきたい動きがある!という方は是非、1時間早くいらして一緒に復習しましょう!

やりたいこと、質問、大歓迎です!!!
’あれがやってみたい’
’これは3人の場合どうなってるの?’
’この曲で踊ろう!’
’とにかくファストやりたい’←これは私か(笑)
…etc

 

-ATSレッスン

練習会で出てくるあの動き達はなんだろう?

練習会でうまく出来なかった動き、やろうとしたけど身体がついていかなかった動き…などなど、ひとつひとつの動きの、細かいところをきちんと確認、復習できます!

 

odorico-en.hatenablog.com

 

たまのWSや、月1回の練習会じゃ物足りない、

他の教室に通っているけど、もっと色々な人と踊ってみたい、

等々、大歓迎です!



!!!研究会もやってます。ぬるふふふ。
主にDVDを和訳しながら(してもらいながら、笑)、細かく動きの確認をしていく作業です。
改めて観ると、目からボロボロとウロコが…。(怖いね。この日本語の表現。笑)
ご興味ある方はご一報ください!


即興で、音に合わせてごんごん踊れるようになりましょー!
http://www.youtube.com/watch?v=5gXsIPqzbMs

待ってます。
待ってます。

 

踊りたいんです!!!
一緒に踊ってくれる人、常時募集。 常 時 募 集 。2回言ったけど。
徐々に人が増えて、本当に嬉しい嬉しい。

毎月、どこかの土曜日夜19:00くらい~
都内で練習会を開催予定

人数が3人以上集まったら、決行します!!

 

さらに次回の予定日は… 

 

4月は、4/22(土)19:00(18:00)~

四ツ谷ピアーチェ ピッコロ店(http://studio-piace.com/access.html#yotuya)のほうで開催決定です!

 

Love&eNjoy

~艶~

 

 

誰にも気兼ねなしに、1人で踊るオリエンタルもTFも大好き。
でも同時に、誰かと踊るっていうのもすごく欲しいもので。
ATSに出会えて、踊りの喜びが倍増しました。


練習会は今のところ、以下のスタジオを転々として開催しております。


四ツ谷ピアーチェスタジオ
ピッコロ地図→http://studio-piace.com/access.html#yotuya

グランド地図→http://studio-piace.com/access.html#grand



渋谷ワークル
地図→http://www.studioworcle.com/shibuya/map/

新宿or渋谷 ビーンズ717
地図→http://beans717.com/smartphone/50.9.html

新宿マイスタジオ
地図→http://shinjukustudio.jp/access/index.html